FC2ブログ
正直な後期研修医・黒タヌキのクソくらえ発言まとめ

正直な後期研修医・黒タヌキのクソくらえ発言まとめ

真面目で優秀な後期研修医がクソ発言を繰り返します。


壁を背にして ナオミさん2-4

壁を背に、べそをかいても隠し切れないほど興奮しているナオミさんの細い足首をつかむ。
両手で引っ張って、仰向けで大股開きをさせたところに俺が割って入り、二枚の下着を介してお互いの粘膜がふれる。
次は両手首をつかんで、身動きが取れない状態にして、愛撫を開始する。首、耳、脇、へそ、腰骨。
肝心なところには絶対に触らない。ナオミさんの股座から淫靡なにおいがたちこめ、押し殺せない嬌声がぽってりとした唇から洩れる。

十分に時間をかけて身も心も蕩けさせ、彼女の準備はあり得ないほど整うが、俺は細やかな愛撫を続けるだけ。
「・・・キスしてください」俺が言うまでもなく、完全に服従したナオミさんからおねだりの声。
したかったらしてみろ、というと、俺のほほに両手を添え、ゆっくりと顔が近づいてくる。
彼女の口の中は、同じようにドロドロであった。
「しゃぶれ」と命令する。疲れて重い体を動かして、先ほどと同じように俺の下着に手をかけ、股間に再度顔をうずめる。
愛しむように、いきり立ったものを両手と口でいじる姿をたくさん写真に撮ってあげた。

両手で彼女の胸の突起を捻りつぶす。
くぐもった悲鳴が漏れるが、気にしない。顔を上げようとするところを押さえつけ、喉の奥まで蹂躙する。
オエオエと言いながらも豊満な体をビクビクと跳ねさせるナオミさんをはねのけ、俺が上になる。
パンツをむしり取り、びしょびしょになった入口に添える。

期待と涙とよだれでぐしゃぐしゃになった顔はその瞬間を今か今かと待っているがそう簡単には入れてやらぬ。
「わかってるだろ?」というと、彼女は俺を見つめながら「・・・犯してください」と言ってのけた。

クリックよろしく。
↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

黒タヌキ

Author:黒タヌキ
外科医。

人気記事ランキング
PV POINT
正直な研修医・黒タヌキのクソくらえ発言まとめ
counter
 
twitter
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム