正直な後期研修医・黒タヌキのクソくらえ発言まとめ

正直な後期研修医・黒タヌキのクソくらえ発言まとめ

真面目で優秀な後期研修医がクソ発言を繰り返します。


ナオミさんの土曜日

ナオミさんは今週末にこの町にやってくる。
前回はカウンターでおいしい料理に下包みを打ち、その足でおうちに侵入し、その後ナオミさんに侵入したのだが、
今回はちょっと上等な中華料理屋さんをすでに予約済みである。
実は二番目の女の子とすでに予習を済ませており、四角い机で上品で濃厚な一級品の料理達を満喫した。

中華は円卓だと思い込んでるアホどもに告ぐが、円卓は客自身が回さなければならないような大皿でいただくものであり、
本物の中華フルコースはそんな野暮なことを客にさせないのだ。

そういえば中国人ってすっごい喘ぐよ。マジうるさくて萎えるくらい。
しかも全然何言ってるかわかんない。喘ぎ声がかわいくない。
「あん・・・」とかじゃなくて「ほぁ・・・ふぁぁ・・・ほぁ~↑!ファー↓アーアー↑!!!」みたいな感じ。
ゴルフか。OBたたいたときのキャディーか。やっぱり日本人が一番だね。恥じらいの文化。

まあそんなことはどうでもいいのだが、中くらいのコースでこのうまさなのだから、最上級はさぞかしうまかろうと
今からすでに純粋な気持ちで胸が高まっている次第である。

実は先日、ナオミさんとお電話タイムがあった。
「タヌキ君、今度はどこにつれてってくれるんでしょーか!」
風鈴のなるように透明で、はきはきとした物言い。憧れは、声一つとっても憧れだ。

「お楽しみです。」「えー、まあ、よかろう!」
俺は女の話を聞くのは正直言って好きじゃない。というかだらだらしゃべるやつは頭が悪い感じがして嫌いだ。
でも、このナオミさんの声は俺の耳をつかんで離さないのである。声が聞きたいから、もっとしゃべらせたいのである。
「また長電話しちゃったねーしゃべることなくなるじゃん。」

絶対にそんなことはないし、いくらでも話を振る準備はできている。
そして、その風鈴を妖しく揺らすタイミングを今か今かと見つめるのである。

決戦の日は近い。

クリックよろしく。
↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

診察だって一期一会

新しい病院に赴任してから、今までと全然違う人たちの外来受診を受け持つことになる。
最初は、お薬だけもらいにくるような患者さんだったのが、自分が手術した患者さんだったり、
救急外来で処置をしたような人だったり、そういう人が口コミで俺の外来を紹介してくれて、
開業医のところから紹介患者が来たり。

外来が増えても別に俺の給料に反映されるわけじゃないし、うれしくもなんともない。
それに、俺の外来に来たところでほかの医者と違う医療ができるわけでもないし、
結局外来に来るのは、よほど診断や特別な治療を必要としていない限り、「お話」を求めている方々なのだなと思う。

でも患者が増えると、その分一人一人と話すことのできる時間は減ってくるんだよね。
予約枠といっしょに飛び入り枠もあるため、30人が以来だと思っても40人になったり50人になったり。
途中で救急車が来たら対応しなくちゃいけないし、結構大変。
いつものお薬を出してもらうためだけに3時間くらい待ってもらったこともある。

うちはいわゆる急性期病院だから、開業医でも大丈夫そうな人は積極的に逆紹介をして、
外来に来る人を減らす方向にしているんだが、やっぱり見慣れた先生に見てもらいたいという人も少なくないってことだ。
あちらをたてればこちらが立たぬ。なんとも、むずかしいね。

おかげで外来がある日はいつもへとへとだ。
でも、外来をする先生にとっては50人の患者のうちの一人かもしれないが、彼らにとってみれば、唯一無二の先生なんだよね。
だるくなったりしんどくなったりした時でも、嫌な気持ちを与えないようにしなくちゃいけない。

毎日外来やってる先生ってホントすごいわ。

ま、俺は俺でぼちぼち頑張りますか。
次回からはまたクソゲスな話かくからどうぞよろしくね。
クリックも、お願いね。
↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

誰かの死を受けて

誰かが死んでも、変わらず世界は回っていく。
いつも通りお腹はすくし、夜になったら眠くなる。
わざわざ感動や悲哀を演出しなくても、死が身近にありそれがどうしようもない無力感を生み出すことを、親しい人を亡くした経験がある人ならば、皆知っている。

頭で分かっていたって悲しいものは悲しいし、考えたところで終わりがない。なぜとかどうしてとか、理由がないことは分かりきっているのに探し続けてしまうのは、誰に求められない。
良くも悪くも、なんとか耐えられる濃度にまで時間がそれを希釈してくれれば、少しは楽になれる。

俺はよく彼女のことを知らないが、おそらく彼女はとても聡明で純粋だったのだろう。彼女がいつか言った、「私の人生で最も大きな出来事は、病気になったことではありませんから」という言葉が強く響く。

多くの人間が彼女の死を悼む。
悼みこそすれ、この感情をどうにか前向きに還元することが、残されかつほぼ無関係な我々に出来ることだとおもう。死して尚、勇気と力を与えられる人間はなかなかいない。

どうか、ゆっくり休んで下さい。

サディスティックな気分

緊急手術が入ったり、患者が急変したりすると、どれだけ眠かろうと疲れてようと
瞬時にスイッチが入り切り替わる、というのは外科ならもちろん内科のパワフルな医師にもいえる。

そして俺の場合には、ひと段落したあとにもう一戦交えないと気が済まなくなる。
暴君のように女の子を蹂躙したい気持ちでいっぱいになる。
普段は自分Sなの~というような女の子を屈服させたくなる。

俺だけじゃないと思うけどね。
というわけでここ数日緊急opeが続いていたので、上半身も下半身も大活躍だったよ、
という話。翌日になったら「なぜ俺はあんな無駄な時間を・・・」ってなるんだけどね。

今日こそはおとなしく寝る。寝かせてくれ。
クリックよろしく。
↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

もはや思い出となったポンコツ

研修医の教育なんて全く興味ないし、教えることが大好きなえらーい先生がやってくれたら楽なんだけど
どうしても俺はこの科の下っ端だし、研修医も教えてほしい空気だしてくるからなんとなく大事なことは教えている。
自分が研修医2年目の時は、上の先生の手を煩わせるのが忍びなかったので、2年目なりに1年目を指導していたのだが
ここの2年目の研修医は自分のことで精いっぱいで1年目に教えることはなかなかないようだ。

ちなみに、俺が2年目で指導していた1年目研修医(あだ名はポンコツ)はとても面白いやつで
「入院患者の現病歴をきいてこい」と言ったら「今日はどうされましたか?」で始めたり、
ERに運ばれてきた患者の意識レベル確認の質問で「ボクが誰だかわかりますか?」と聞いたり、
「ブラの模様を見てると思われたくないので、女性の聴診の時には下を向いてます」という発言をしたり
「自分なんていなくったって世界は回るんですよ・・・」といってカメラ持ちを放棄したりするようなやつだった。
今考えるとホントにとんでもない奴だよな。

まあポンコツの話はいいとして、初期研修医なんて全くできないのが当たり前だし、
メインとか本体とか、包交とかプンクとか、エピとかワゴるとか、ぶっちゃけホントわけわかんないじゃん。
しょうがないと思うんだよ。でもそれを何とかわかろうとして頑張ってるやつはえらいなぁと思うね。
でも、もっと偉いと思わされうrのは、患者のところに足繁く通い、その患者とすごく仲良くなるやつであり、
患者や上級医に監視されながらも逃げずにルートやドレナージ、CVみたいな手技を積極的にするやつだよね。

研修医時代はまっさらな状態から地図を作っていくようなもの。
足を動かして見識を広げ、手を動かして地図をかく。
見たことのない場所はいつまでもわからないし、やったことのないことはいつまでもできない。
画用紙レベルの地図で終わる人もいれば、壁画のような地図を作る人もいる。

そろそろ5月病になるようなやつもいるとおもうけど、まあぼちぼちやっていってくれ。



どうでもいいと思ってる女の子から上等なプレゼントもらうと、
あーすっごい悪いことしてるなーって思うよね。

以上、クリックよろしく。
↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

浮気がしたい人へ

LINEでやり取りをするのは危険だよね。
誰かに見られたり、誰かに携帯を見せている時なんかに通知が来たりすると大変だ。
じゃあ何を使ってやり取りをすればいいのか。

よし、KAKAOを使おう、とするのはあまりにも不自然だよね。
LINEがあるのになんでKAKAOつかってるの??ってなっちゃう。

それではほかのSNSだ!
Facebookはパソコンで使うこともあるし、ログオフし忘れると誰でもメッセージを見ることが出来るから論外。
Instagramだって、twitterだって、今どきの人はみんなメッセージ機能がついていることを知っているから
もしも怪しまれたらそこまでチェックされてしまう可能性もある。

というわけで、俺は彼女と遠距離なので使ってないけど、使うとしたら
「カレンダー」でしょう!今やカレンダーにもたくさんの種類があるからね。
設定で通知をoffにしておくと、自分がそのアプリを開かないとどんなメッセージが来ているとか
予定が入っているとかを確認することが出来ないのです。

そしてカレンダーが入っているのを見て、怪しむ人はまあいないはずだ。
一通り電話やメッセージ、メール、LINEやそのほかSNSを調べて、「シロ」と判定されれば
相手はその気まずさや罪悪感からもう一度スマホをチェックしようとはなかなかしないだろう。

俺が考えているのはもう一つあるんだけど、それは俺だけの秘密にしておこう。
二番目の女の子に、ほかの二番目の女の子の存在がばれると厄介だからね。
彼女がいるのは知っているけど、遊び相手の中では自分が一番だ、って思わせることで
その子たちも満足していろいろやってくれるからね。

今日のところは以上。
俺のブログの醍醐味は、コメント欄だと思う。
コメント総数が20超えている記事は、だいたい頭悪い奴が湧いているので、
世の中には自分より下の人がいるんだ、、、と安心したい人はぜひチェックしてみて笑

クリックよろしくね。
↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

飲み会でしてはいけない話題

〇ジテレビやテ〇朝などによる、左寄りの報道で世論を誘導しようとする状態が続いている昨今、
ネットの発展で多数の情報が得られるようになったことで、簡単に民意を操作することは難しくなってきた。
情報量が多くなったゆえに、(俺がそういう年になったこともあるかもしれないが)飲み会でそういう話が出ることがある。

ぶっちゃけ俺は安倍内閣のまま続いてほしいと思ってるし、俺よりもはるかに頭のいい人間が
今はそうあるべきと判断したのであればそれに準ずるつもりなのであるが、飲み会でそういう話になり
意見を求められたりすると本当に困る。というかウザい。

飲み会で、人種や政治、宗教の話をしても何も面白くないし、ヒートアップしたアホが演説始めたり
それに乗っかったカスが反論したりして、雰囲気はとても悪くなる。
ここじゃないどこかで、素面でやれよって思っちゃう。

だから俺はすごすごと退散し、同じく困り顔で愛想笑いを浮かべている女の子の隣に行くのだ。
「ねえねえ、あいつらうるさいけどそれはどうでもいいとして、選挙って英語でなんて言うか知ってる?」
「え~なんですかそれ、わかるわけないじゃないですかぁ」
「electionって言うんだよ」
「ふーん」
「ちなみに、総選挙はgeneral electionっていうんだ」
「へー」
「でもね、electionのスペルを間違えて、erectionにすると、勃起っていう意味になるんだよ」
「下ネタですかー?」
「そんで、general erectionだと、一般的な勃起っていう意味になるんだよHAHAHA」
「はぁ・・・。」

どこかの物語で読んだようなこんなつまらない会話で、
下ネタサイテー、先生ってそんな人でしたっけ、といいながら俺を蔑むような目で見た女が、
数時間後にはうるんだ瞳で俺に跨ってる。
今なにやってるの?俺の息子はどうなってる?英語でなんて言うんだったっけ?
「ええ~?もうわかんないですよぉ、覚えてないですよぉ、エレクション?」
「よくできました(ズン)」「ハァン!」

ここまでは言わせてないけど、最初はくだらない話でハードルを下げて
少しずつたかぶらせていくっていうのが常套手段。
俺の発散のためにつまらない話題を提供してくれたシニアの先輩には感謝だね。

慢性的に寝不足だ。
となりに誰かいると思うように眠れないよね。

クリックよろしく。
↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

疲れた体に

オリーブスパとバンテリン。
俺も順当に年を取っていて、ついこないだ生まれたと思っていた従妹がもう高校生。
先生のうちに行っていいですか?ダメに決まってんだろバカチンとかいってた塾の教え子がもう大学を卒業している。
因みにその子はいつもこの町に来るときにはうちに泊まろうとする。泊めないけど。
つまり連日の公私の疲れが、少しずつ体に蓄積されてしまうようなお年頃となってしまったのだ。

オリーブスパは結構お高い。
90分で15000円位する。ただ、いわゆる整体のようなごりごりマッサージではなく、
あくまでもリラクゼーションと会話を楽しむのが目的で、
日々の喧騒から数歩距離を置くことが出来るのが一番の魅力だね。

何と言ってもセラピストが結構かわいい。というかきれい。
大人の落ち着いた雰囲気で、こちらの話を無理なく聞き出し、褒めてくれたり諭してくれたり。
あれは好きになる男がたくさんいてもおかしくないなって思う。
笑点をみて爆笑しながら放屁するようなうちの姉とは大違いだよ。

今はまだ、セラピストを指名していないので同じ人にやってもらったことはほとんどないが、
そのうち指名するときが来るのかもね。その前に何人か口説きたいなー。

今日はこれまで。
時間があったら、この前の記事のコメント欄覗いてみてくれ。
驚くだろ?世の中にこんなバカいるんだよ笑
クリックよろしく。
↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

ナオミさん再び

一年?くらいあっていなかった、あのナオミさんがついにこの町にやってくる。
(詳細はこちらで確認してね。五件くらい記事あるから。)
細い体にGカップという最強の攻撃力、そして姉の友人という最高の防御力を持つ30歳女性。
中学時代からその垢抜けた美貌と人懐っこい明るさで、数々の男を虜にしては、
「そんなつもりはない」と蹴散らしてきた一騎当千の女性である。
俺の中学時代には、姉の学年には手を出せなかったがゆえに、ほかの女を抱きながら彼女を想像していたことも多々ある。
いわば、本物の憧れだ。

彼氏がいるとか、夫がいるとか、そういうことは知らないし、聞かないことにしている。
俺と彼女の間に存在するのは、お酒のせいで一晩限りのアバンチュールをやってしまった、という偽りの後悔だけ。
定期的な関係を持っているわけではないからこそ、考えただけで我が砲台は仰角45度を保つ。

俺が最後に見た彼女は、ぼさぼさの髪の毛で目をこすった状態から化粧で美しく変身し、
「〇〇(姉の名前)には絶対言えないね、それじゃまたね」とホームから新幹線にのったところまでだ。

あれからしばらく音沙汰がなかったが、6月末に仕事の関係でこの近くまでやってくるそうだ。
俺に声をかけるということは、そういうことだろう。女の部分が疼いて仕方がないということなのだろう。
それともなにごとも起こさないようにして、「これからはプラトニックな関係でいようね」という意思表示をするために
あえて俺と遊びに行こうとしているのかもしれない。

問題は、俺と飲みに行くことを、彼女が姉に言っているかどうかだ。
姉はいわゆるふわふわ系女子である。俺がそういうタイプが嫌いなのは、姉を見てきているからかもしれない。
チワワを見てかわいいといってナデナデしたり、パンをフムフムと食べたり、俺からしてみれば
「なんだコイツ自分可愛いと思ってんのかブス」と思いながら見ているのであるが、そんな姉は
俺が「そういえばナオミさんってさ、」と口に出そうもんなら、「手を出したら〇すからな」と射殺さんばかりの眼力で睨みつけてくる。

ちなみにゴキブリをみてわめいている状態のときに「ぶりっこするなブス」といったら
急につかつかと歩み寄り無言で俺にゴキジェットをかましてくるような女なので、
未だに売れ残っているのはそのせいではないかと思っている。

まあ俺としては〇されてもいいのでナオミさんを蹂躙したいのである。
2週間後なので作戦を練る時間はたくさんある。
うまい中華でも予約しとこう。

クリックよろしくね。
↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


汗だくは好きじゃない

エロ本とかだと
「ああ、洗ってない君のにおい、すごくエ〇チだ・・・」
みたいにバカみたいに興奮するシーンあるじゃん。
なんだあれ。俺は石ケンの匂いが好きだから全くそそらないんだよね。
ホントにあんな属性持ってる人いるのかな。

でもそういえば
「ああ、洗ってない先生の〇〇〇、すごいエッチ・・・」
みたいなことはあるから、逆もあるんだろうね。
嗅がせたり舐めさせたりするのは別にいいけど、
自分がするのは絶対嫌だよね。キモい。

フットサルは室内でやっているので、そろそろ暑くて汗が噴き出すようになってきた。
自分の匂いはあまり気にならないが、女の子が匂うとなんかちょっとね。
シャワー浴びろとは言わないが、ご飯食べに行くのなら着替えるくらいはしてほしい。

そう考えると、デパートの一階の人たちって良い匂いするよねー。
もしかして下着とかも良い匂いするのかな。下着が石ケンの匂いだったら俺興奮しちゃうな。
あと肌が白い人っていいよね。黒服が映えるの。お化粧はけばくなければ濃くてもいい。
チューした後、口紅がびよーんって伸びてもいい。

なんの取り留めもないが、今日は以上だ。
クリックよろしく。
↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

黒タヌキ

Author:黒タヌキ
研修医も終板です。

人気記事ランキング
PV POINT
正直な研修医・黒タヌキのクソくらえ発言まとめ
counter
 
twitter
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム